The Destination is unknown. The Journey is the Reward.

Author: 野澤真一 / NOZAWA Shinichi , version 2.0190217 / Podcast: 七味とーがラジオ / twitter: @melonsode

2018年6月アーカイブ

スプラトゥーン2 「オクト・エキスパンジョン」 最高だった

|

スプラトゥーン2の拡張パック「オクト・エキスパンジョン」が発売されて、
こないだ買って、寝不足でへろへろになりながら一通りクリアした。

オクトクリアまでの道筋(ネタばれ)
・80の駅(ステージ)のどこかにある4つのアレを集めて
  (80ステージ全部クリアする必要はない)

・地下から地上に至る7つのステージをクリアして、
  7つ目のステージの敵がヒト型なのでラスボスかと思いきや

・地上に出て、真のラスボスと対決

でクリアとなります。


・ステージをクリアすると追加されるヒメ・イイダ・アタリメ指令のチャットが
リアルなチャットのあるあるが多くて面白い
・地下のステージをクリアするともらえるネリメモリーには短歌が刻まれていて
  その短歌が秀逸すぎる
・4つのアレは1つ2つ集めれば何か想像つくと思う
・アレは最短ルートで集めてもいいけど、迂回したほうがかかるお金が少なくて
 試行錯誤がきくし難易度が低くて結果的に楽
・自分は積極的にヘルプを使ってできるだけはやくクリアしたかった
・地下から地上へ上がるまでのストーリーは激アツだった
・テンション最高潮で地上に上がってラスボス戦はテンションカンストで楽しめた
・地上に出てタコガール姿でレギュラーマッチやったら自分の腕が上がったのを実感した

オクトは、
・素早いエイム力(正確に照準を合わせて打つ力)
・打った後の素早い潜伏と移動
・逆に素早い潜伏のあとの正確な射撃
・メインとサブのすばやくて賢い連携
・弾に当たらないようにする訓練
・自分以外の何かを守りながら戦うやりかた
などなど、実戦(レギュラーマッチやガチマッチ)での勝敗を左右する
能力を試される・鍛えさせられる要素が多いので
ウデマエを上げるにはいいトレーニングになると思う。

特に素早くて正確なエイム力は確実に上がると思う。

・パズル的な要素のステージもあって、それも楽しかった(ビリヤードとか)
・台車に乗せてアレを運ぶタコガールの姿がかわいかった
・1路線を制覇するごとにグソクさんがほめてくれるのがすごくうれしい

ラスボスを倒したときはちょっと泣けた。

レギュラーマッチやガチマッチだと、1試合3分だし、試合が終わると
即、次の試合というわけにいかなくてマッチングに多少時間がかかるので、
練習しようとしても効率悪い。
武器屋での試し打ちも練習できる要素がすくなくて効率悪い。
実戦のために練習するゲームとしてはすごくよいです。

スプラトゥーンの世界をもっと知るために
スプラトゥーン1がやりたいです。
スイッチ版出ないかな。

スプラトゥーン3があるとしたら、次はたぶんアタリメ指令の
若かりし頃の話になると思う。
若いころのアタリメ指令、めっちゃ男前でかっこよさそう。

オクト、いいゲームでした。最高でした。

#splatoon2 #感想 #オクト

Twitterでこのエピソードについてつぶやく

ご意見・ご感想は ハッシュタグ Tweet: #七味とーがラジオ または #7miradio で!

外の空気

|

今年度からマンションの理事会の仕事が加わって、
なかなかToDoが減らない。

さらに今年は、2015年、2016年と出て、2017年はお休みした
阿波踊りを再開した。

上の子が小学校に上がったら、途端に子供を介した親同士の交流の場が
激減したので、このまま子供が二人とも小学生になったら、
職場と子供の小学校以外に関係するコミュニティがなくなって
多様性の乏しいものになっちゃうんじゃないの?という危機感が
少しあって、違う場所に飛び込んでみた。

他人と触れ合う場所が職場と家庭だけになった場合、
子供が巣立ったらどうなるのか?
さらに職場を去ったらどうなるのか?
まあまだだいぶ先のことではあるけど、そういう年齢に差し掛かった時に
「自分には何もない」と思うことになりやしないか
という不安がある。

幼稚園関係の行事にはいろいろ出てるので、職場以外の場所の
人付き合いはそれなりにあるのだけど、それも下の子が幼稚園を卒園するまでだし
それ以外の付き合いもできるのはよいことだと思う。

雑務や厄介ごとは多くて、決してメリットばかりではないのだけど、
職場だけだと閉塞的になりがちな人間関係に
風穴を開けてくれるような「外の空気」はきっと必要だし
大事なのだろうと直感的に思う。

新たな組織運営の場に首を突っ込んでみて、
自分には組織運営については適性があると思った。
なにせ、本職として「組織運営」をしているので、
そこらへんは一日の長があると思う。

その場にいる人たちをハッピーにできればいいなと思う。

雑事が多く、なかなか自分Podcastは始められない。

Twitterでこのエピソードについてつぶやく

ご意見・ご感想は ハッシュタグ Tweet: #七味とーがラジオ または #7miradio で!

プロフィール

月別 アーカイブ

月別アーカイブ

全アーカイブ

ブログパーツ