The Destination is unknown. The Journey is the Reward.

Author: 野澤真一 / NOZAWA Shinichi , version 2.0110115

阿波踊り 2018

|

先週の土日が南越谷阿波踊りだった。
5月のゴールデンウィークあけから毎週日曜日に練習をして、
連の通常練習以外にも、徳島の連が教えてくれる練習会に行ったり、
自主練をやったりしてそれなりのコミットをしてきた。
運営にもだいぶかませてもらった。

1日目は、それなりに頑張ったはずだけど、こんなものか、という
気持ちで終えたが、二日目の最後の2本は、
よい感じの高揚感と一体感が味わえた。

「阿波踊りに正調なし」と言われるけど、
それでも、いまの踊りにはまった自信がなかった。
正しく踊れているのか?もっとうまくかっこよく見えるようになるには
どうしたらいいのか?
自分の連には、そういう指導をできる人がいないのでみんなで暗中模索だった。

ひとまず、正しい「型」を身に着けないことには
「型なし」になってしまう。
「型」を身に着けたうえで、「型破り」をやってみたいという思いがあった。
(正調なしとは矛盾するけれども)

まあ、結果的に型らしいものはやはりわからないままで終わったが、
最後の2本は、もっと自由に、これまでの練習のことは忘れて、楽しく、
ということをみんなに伝えて、アドリブでも声を出してもらうようにしたことで
連としての一体感と、お客さんとのかけあいが生まれて
自分も、連のみんなも楽しめたようだった。

子供はもう来年はでないかもしれないけれど、
自分は来年もでたいと思う。
来年こそは、単なる流し踊り以上のものを目指して。

プロフィール

月別 アーカイブ

フェムトセカンド1.0

月別アーカイブ

全アーカイブ

ブログパーツ



Powered by NINJA TOOLS