The Destination is unknown. The Journey is the Reward.

Author: 野澤真一 / NOZAWA Shinichi , version 2.0110115

外の空気

|

今年度からマンションの理事会の仕事が加わって、
なかなかToDoが減らない。

さらに今年は、2015年、2016年と出て、2017年はお休みした
阿波踊りを再開した。

上の子が小学校に上がったら、途端に子供を介した親同士の交流の場が
激減したので、このまま子供が二人とも小学生になったら、
職場と子供の小学校以外に関係するコミュニティがなくなって
多様性の乏しいものになっちゃうんじゃないの?という危機感が
少しあって、違う場所に飛び込んでみた。

他人と触れ合う場所が職場と家庭だけになった場合、
子供が巣立ったらどうなるのか?
さらに職場を去ったらどうなるのか?
まあまだだいぶ先のことではあるけど、そういう年齢に差し掛かった時に
「自分には何もない」と思うことになりやしないか
という不安がある。

幼稚園関係の行事にはいろいろ出てるので、職場以外の場所の
人付き合いはそれなりにあるのだけど、それも下の子が幼稚園を卒園するまでだし
それ以外の付き合いもできるのはよいことだと思う。

雑務や厄介ごとは多くて、決してメリットばかりではないのだけど、
職場だけだと閉塞的になりがちな人間関係に
風穴を開けてくれるような「外の空気」はきっと必要だし
大事なのだろうと直感的に思う。

新たな組織運営の場に首を突っ込んでみて、
自分には組織運営については適性があると思った。
なにせ、本職として「組織運営」をしているので、
そこらへんは一日の長があると思う。

その場にいる人たちをハッピーにできればいいなと思う。

雑事が多く、なかなか自分Podcastは始められない。

プロフィール

フェムトセカンド1.0

月別アーカイブ

全アーカイブ

ブログパーツ



Powered by NINJA TOOLS