The Destination is unknown. The Journey is the Reward.

Author: 野澤真一 / NOZAWA Shinichi , version 2.0110115

投球モーションとホールド状態の重ね合わせ

|

放り出されたものを守ろうとする一方で、
自分のことがずいぶんとぞんざいになってしまった

自分だけですめばまだよかった
自分の周りに延焼している

いつの間にか身の回りは焼けてしまった

それでも守ろうとして、
そこから新しい何かを継ごうとした。

8年の間に注いだものがもう少しで
結実しようとしているけど、
それはみんなで食べられる果実には
おそらくならなくて、
せいぜい自分の観賞用かドッグフード。
自分以外に価値を見出してくれるひとはいないだろう。

自分が放り出したら
その価値がゼロになる
それがすごく惜しい

大きい船を操縦するのは醍醐味にも後ろ髪をひかれる

放り出そうとして「でも」と踏みとどまってしまう

でもね、進路にミライを感じないんだ

朝起きたら、今日はあれをしよう、あれをやってやろう!!!
そうやって朝を迎えたいんだ
ワクワクしながら生きていたいんだ

ワーって
ワーって
8年かけて育てた花を
自分の手で摘むのか?摘むのか?って
今この瞬間も水をやっているのに、
引き抜くのか?引き抜くのか?って
逡巡と葛藤と決意と翻意の重ね合わせ状態を体現してる。

プロフィール

フェムトセカンド1.0

月別アーカイブ

全アーカイブ

ブログパーツ



Powered by NINJA TOOLS